blogSetomits

Hello

自転車ツーリング

6月11日の土曜日、会社の自転車部的な集まりのツーリングに行ってきました
葛西臨海公園から、築地を経由して川崎大師を目指すということで10時にスタート。
途中で僕の自転車の後輪がパンクし、そういうもしものために常に持っていたチューブに交換しました。実際には自分だけではできず、一緒にいたメンバーにあれこれ手伝ってもらい、自分が持っていた携帯用ポンプでは口が合わなくてちゃんと入れられませんでしたが...。帰ってからあらためて調べてみると、空気入れは一回開けてちゃんと設定しなくちゃいけなかったようです。
途中で目的地を羽田空港、そして城南島海浜公園と変更したものの、気持ち良いゴールが迎えられました。ゴールと言っても各々そこから自宅まで帰るのですが、僕が走った距離は全部で67kmでした。いつか100km走れるかなあと思っていましたが、今回ので走りきれる自信がつきました。
Posted at 22:47 Comments : 0

エアレース 2016

makuhari去年も行ったエアレースに今年も行ってきました。昨年はファミリーエリアのチケットを買っていたのですが、今年はりくと二人だったのでもうちょっと全体的に見やすい B エリアのチケットを書いました。ファミリーエリアは海に向かって右端で、 B エリアは海に向かって左端なのですが、クルマをイオン幕張新都心に停めたこともあって割と遠かったです。
さておき、本来は土曜日に予選・日曜日に本戦というスケジュールだったのですが、土曜日は風が強くて波が高かったので中止になりました。本戦では日本人選手の室屋さんが優勝し、すごく盛り上がって良かったです。あまりちゃんと予習・復習していませんでしたが、ようやくルールもちゃんとわかったように思うので、また来年も楽しみです。
Posted at 22:32 Comments : 0

猿島へ

sarushima約1ヶ月前の5月15日ですが、横須賀のちょっと沖にある猿島に行ってきました。
最近りくが山登りをしたいと言っていて、ちょっとしたハイキングができるようなところを探していたところ、まさに「ちょっとしたハイキングに向いている」という記述を目にして行くことに決めました。
猿島は東京湾の湾岸にいくつかある施設と同様、戦時中は日本軍の重要な施設だったそうです。今は人は住んでおらず、 BBQ ・ハイキング・海水浴・魚釣り・史跡巡りといったレジャースポットとなっています。全体的に綺麗だし雰囲気も良いので、もし行ったことがなければ行くことをお勧めします。
Posted at 22:10 Comments : 0

Google I/O 2016 参加報告2 : キーノートとセッション

Google I/O 2016 の内容については各種ニュースサイトなどでも報じられましたが、自分の感想はそれらとは若干異なるように思います。自分が参加できたのはキーノートといくつかのセッションだけですが、まずざっくりとまとめると

  • Google は機械学習・AIを大いに活用しているし、今後もそれは広がる

  • モバイルウェブを非常に重視している

  • Android は引き続き柱となる事業のひとつ

  • Firebase を超プッシュ

  • VR はそれなり


といったところです。

機械学習について



Google は多くのところで機械学習を利用し、サービスに活かしている。例えば Google フォトでは写真を自動的に解析して自動でラベリングをしている。ここで培われた写っているものの自動判別モデルは、キーノートで発表されたモバイルアプリ Allo にも活かされる。
また、現在 Google 検索全体の内の10%以上が音声による検索になっているが、この認識精度は非常に高いものとなっている。より精度を高めるために、わざとノイズが入ったデータも使っているとのこと。ここで培った音声認識は、キーノートで発表された Google Home にも活かされるとのこと。

モバイルウェブ



Google 検索の内の半分はモバイルからのものであるとのことで、モバイルをより重視しているということ。モバイル利用時の検索体験向上のため、 PWA : Progressive Web Apps としていくつかの技術に注目しており、また、 AMP : Acceralated Mobile Page という仕様を策定している。これらについては現在自分が勤めている会社にフィードバックできそうなので、改めて調べないといけないと思いました。

Android



今回は Android 系のセッションにはほとんど出ませんでしたが、セッションはたくさんあって主力の事業のひとつであることが伺われました。

Firebase



モバイルを中心としたアプリケーションのバックエンドサービスの Firebase がよりパワーアップしたということで、多くのセッションがありました。
とは言え、自分はキーノートで聞いた以上のことはないし、今のところあまり興味がないので軽く触れるのみとします。

VR



Google も Virtual Reality に一応取り組んでいて、近々 Daydream というプラットフォームをリリースするということでした。
これまでの Cardboard の延長線上で、モバイル端末を利用した VR ということだそうです。

全体の感想



今回は7千人ほどの開発者が参加したということだったのですが、会場のキャパシティーが完全に間に合っていませんでした。
初日のキーノートに関しては収容人数という点ではさほど問題はありませんでしたが、野外会場だったので日差しがきつくて随分日焼けしました。
それぞれのセッションについては、いくつかのテントのようなところで行われたのですが、定員オーバーで入れないことが多く、一つ前のセッションから並んで待っていても入れないことも。
これについては大いに不満を持ったので、もしできるのであればもっと大きなテントを用意するか、もっとたくさんのテントを用意するかして欲しいです。あるいは普通にどこかの屋内の会場で行うかしてもらいたいです。
Posted at 23:13 Comments : 0

Google I/O 2016 参加報告1 : 参加まで

写真 2016-05-19 0 44 482016年5月18日から20日までカリフォルニア州マウンテンビュー市で開催された Google I/O 2016 に参加してきました。
そう決まっているというわけではないけれど、この何年かはサンフランシスコで開催されることが多かった Google I/O ですが今年は Google の本社があるマウンテンビューで開催されました。この何年か応募するもなかなか当選しなかったけど、今年はようやく当選しました。でも、クレジットカードにちょっとしたトラブルがあってチケットの代金を払う期日までに払えずに権利が流れてしまったのですが、後日敗者復活のお知らせが届き、改めてチケットの購入を行いました。マウンテンビューは良いところだと思ったものの、サンフランシスコと比べると圧倒的に不便なところなためか、当選したけどキャンセルした人が多かったんじゃなかろうかと推測します。実際のところ、開催の1週前だか2週前だかに当選のお知らせが届いた人もいたとかどうとか。

宿について



行くことが決まってからさっさと宿を取らなかったためか、ちょっとホテルを調べたら宿泊費が結構かかります。少し離れるとある程度の値段にはなるのですが、とても歩いて行ける距離ではないのでレンタカーが必要になりそうだなとか色々と考え、今回は初めて Airbnb を使ってみました。 Airbnb は「エアビーアンドビー」と読んで、個人宅を間借り・期間借りできるいわゆる「民泊」の仲介サービスです。
今回僕は、ヴィッキーさんという方が出している個室を借りました。1泊1万5千円程度と割と高いは高いのですが、それでも近くのちゃんとしたホテルが2万円から3万円であるのと比べると割安です。本来 B&B というのは Bed and Breakfast の略なので、朝ごはんも食べられたのかもしれませんが、朝食は会場で出るということだったので尋ねもしませんでした。以前サンタモニカでホームステイしたことがありましたが、雰囲気はそんな感じでした。毎日ちょっとした会話ができるので、英語モードになれて良かったように思います。

通信手段について



マウンテンビューでは Google が提供する Google WiFi なるものがあるという記事を何度か読んだことがあったように思うのですが、当たり前といえば当たり前だけど、実際のところどこででも繋がるというものでもないようです。ということで、今回も4年前に渡米したのと同様 T-Mobile で SIM を入手しました。今回は事前に入国していた人から聞いて 1ヶ月 / 3GB / 40ドル のプリペイドの SIM を入手しました。ちなみに T-Mobile のお店は特に調べて行ったわけではなく、適当に路線バスに乗って大きめのショッピングセンターのあるところで降り、「T-Mobile があるだろう」とアテをつけていきました。それまではネットにアクセスできずに困っていましたが、「ようやく息ができた」という感じすらしました。

交通手段について



今回は宿から会場まで近そうだったのでレンタカーは借りまいと踏んで国際免許を取らずに行きました。最終的にはクルマ無しで済んだものの、クルマがあったら良いのになと思うシーンが多々あったので、アテが有ろうが無かろうが国際免許を持っていくべきだと感じました。
ちなみに今回はほぼ全て公共交通機関を使いました。宿と空港の間は BART とカルトレインを使ったのですが、もしかしたら Uber を使った方が安く速かったかもしれません。
Posted at 22:27 Comments : 0