blogSetomits

Hello

Raspberry Pi B+ に Raspbian Jessie Lite をインストール

ゴールデンウィーク中にふと思い立って、 Raspberry Pi の OS をアップグレードしようと apt-get であれこれしていたらうまくいかなかったので、 SD のイメージ自体を入れ直しました。
Raspberry Pi は Model B+ で、 SD カードは 4GB です。
はじめは Download Raspbian for Raspberry Pi から普通の Jessie の方をダウンロードして入れようとしたのですが、どうやらサイズが足りなかったみたいなので Jessie Lite の方をダウンロードしてインストールしました。

まずは Mac に SD カードをさしてデバイスを確認。


$ diskutil list
/dev/disk0 (internal, physical):
#: TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
0: GUID_partition_scheme *121.3 GB disk0
1: EFI EFI 209.7 MB disk0s1
2: Apple_CoreStorage Macintosh HD 121.0 GB disk0s2
3: Apple_Boot Boot OS X 134.2 MB disk0s3

/dev/disk1 (internal, physical):
#: TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
0: GUID_partition_scheme *1.0 TB disk1
1: EFI EFI 209.7 MB disk1s1
2: Apple_CoreStorage Macintosh HD 999.3 GB disk1s2
3: Apple_Boot Recovery HD 650.1 MB disk1s3

/dev/disk2 (internal, virtual):
#: TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
0: Apple_HFS Macintosh HD +1.1 TB disk2
Logical Volume on disk0s2, disk1s2
8F3CF6DD-5C28-4114-8FF9-57440FB1548D
Unencrypted Fusion Drive

/dev/disk3 (internal, physical):
#: TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
0: FDisk_partition_scheme *4.0 GB disk3
1: Windows_FAT_32 boot 58.7 MB disk3s1
2: Linux 2.9 GB disk3s2


このケースでは /dev/disk3 が SD カードです。
このディスクをアンマウントします。


$ sudo diskutil unmountDisk /dev/disk3

Password:
Unmount of all volumes on disk3 was successful


SD カードは抜かずにさしっぱなしで、 dd コマンドで書き込みを行います。


$ sudo dd bs=1m if=2017-04-10-raspbian-jessie-liteのイメージへのパス of=/dev/rdisk3

1237+1 records in
1237+1 records out
1297862656 bytes transferred in 73.372893 secs (17688585 bytes/sec)


書き込みが終わると /Volumes/boot というディスクがマウントされます。
Jessie Lite ではデフォルトでは SSH サーバーが起動しないということですが、うちには余っている USB キーボードが無いのでこれでは困ってしまいます。
ということで、 SSH サーバーが起動するように ssh という空のファイルを作っておきます。


$ touch /Volumes/boot/ssh


SD カードをアンマウントして抜き取り、 Raspberry Pi の方にさして起動します。
うちの環境では IP アドレスが 192.168.0.15 となったのでログインしてみます。


$ ssh pi@192.168.0.15


pi ユーザーのデフォルトのパスワードは raspberry です。変えておいた方が良いでしょう。
ということで、インストール成功です。
Posted at 09:25 by setomits Comments : 0