blogSetomits

Hello

entries posted in May 2005

zenhan.py 0.3

zenhan.pyをちょっと変更しました。ものはzenhan-0.3.tar.gzです。



変更点。

  • バージョンを表示するようにしました。


    >>> zenhan.__version__
    '0.3'


  • 対象が文字列ではない場合にsys.exit()していたところで例外を送出するようにしました。


    >>> zenhan.h2z(1)
    ...
    zenhan.zenhanError: 'Sorry... You must set UNICODE String.'

    この例外はzenhanErrorを捕まえることで処理します。


    >>> try:
    ...     zenhan.h2z(1)
    ... except zenhan.zenhanError:
    ...     print "zenhanError occured"
    ...
    zenhanError occured




  • 追記: 2007/Jan/6 1:45

    blogSetomits : zenhan.py 0.4で新しいモノについて言及しています。
    Posted at 07:41 Comments : 2

    少林サッカー

    少林サッカー 公開当時から話題になっていたものの、これまでずっと観そびれていた少林サッカーを観ました。基本的にずっと馬鹿馬鹿しいのですが、さすがに話題になるだけあってそれなりに面白いなと思い、一時期ほりいくんがちょっと気に入ってた(ぽい)カンフーハッスルも観てみて良いかもと思いました。
    Posted at 12:39 Comments : 2

    ねこたま

    日付が変わっちゃいましたが昨日のこと。



    Nekotama二子玉川にあるねこたまに行ってきました。入場料は大人1人700円で、券を提示したら再入園は可能です。ねこたまは主に3つの機能からなっています。

    1つ目はいくつかのケースに入っている世界の猫たちで全部で15種類くらいかな。それぞれの中には猫たちがいて、ケースの外側には簡単な説明書きがされています。まあどれもそれなりにかわいいのですが、正直なところみんな寝ててよくわからんです。

    2つ目はねこたま教室。中は猫が好みな感じに部屋にいくつかの段があったり、頭より高いあたりに板が渡してあったりして、その中に猫が放たれています。入場者は思い思いに中にいる猫たちに触れることができるのです。どの子も撫でさせてくれてかわいいのですが、こちらも基本的にはみんな眠そうな感じなので、一緒に遊んだりだっこするのは難しい。全部で10匹くらいはいたかな。人の方が多かったです。

    3つ目は時間がなかったので楽しめなかったのですが、ねこたま体育館というの。これは15分あたり300円の指名料を払って猫をだっこしたりできるというものです。キャバクラとかそんな感じ?



    ねこたまを出た後、犬バージョンの同様の施設であるいぬたまには入らなかったものの、全体を歩いてぐるっと見て回りました。中には子犬や子猫の販売もしているのですが、まだ小さなアメリカンショートヘアーの兄妹がかわいかったです。好奇心旺盛であっちこっちぴょんぴょんしているのです。それを見て、ねこたまでちょっと違和感を感じたのはねこたまにいる猫たちがこういう動作をしないからかなと思いました。なんというか、客がわさわさと入ってきて、それの相手をするのに慣れているというかそんな感じ。確かにかわいいんだけど新鮮味がないというか。まあぴょんぴょんする猫がいると、客を引っ掻いてしまったりというトラブルが起こったりもしうるし仕方がないんだろうけど。

    やっぱ自分ちの子じゃないとなあと思いました。ああ、猫と暮らしたい。
    Posted at 12:34 Comments : 4

    エイプのキャブセッティング

    キャブセッティングが狂ってしまいました。



    Air filter先日、出先で雨の中にしばらく停め、雨が上がった後に乗って帰りました。その時は問題なし。翌日走っていると調子が崩れ始め、エンジンがかからなくなってしまいました。この時に僕が疑ったのはエアフィルタでした。というのも、基本的には混合気が濃すぎる時の症状で、その時装着していたエアフィルタ(K&Hの湿式の)は真っ黒く汚れていたので、空気を吸わなくなってしまったと思ったのでした。というわけで、エアフィルタを購入。今度はDAYTONAの乾式の。特に何か思うところがあったわけではなく、K&Hの同じのがなかったため。

    ところがエアフィルタを交換しても症状は依然として改善せず。近くにあったレッドバロンまで押して行き、ちょっと話したところ、昨日の雨の水がキャブに入っているのが原因ではないかとのこと。少し見てもらったものの、ちゃんと直すには結構なお金がかかると言われたので、自分でキャブをばらして中の水を抜くことに。ばらしていってフロートチャンバーを開けてびっくり。なんとスロージェットが外れているのです。そりゃまともに動くわけないです。スロージェットを取り付けて、キャブの中をキャブクリーナで吹きまくり、作業を終えました。レッドバロンに頼んだ時にかかるであろう工賃がずいぶんと浮いたことを喜びつつ帰宅したのですが、相変わらず調子が悪い。

    ちょっとずつスロットルストップスクリュやエアスクリュを右へ左へ回したのですが、調子は悪くなる一方。



    という感じで2週間以上を使いました。まあちゃんとセッティングをするためのまとまった時間が取れなかったためなのですが。今日はこのエイプのセッティング。エイプの初期設定は


    メインジェット: #72
    スロージェット: #38
    エアスクリュ開度: 2.25回転戻し
    ジェットニードルクリップ: 3段目

    となっています。これに対し、調子が悪くなるまでのセッティングは


    メインジェット: #80
    スロージェット: #40
    エアスクリュ開度: 2.25回転戻し
    ジェットニードルクリップ: 4段目

    としていました。つまり、エアフィルタをノーマルのものからパワーフィルタに交換していたため、濃い目のセッティングにしていたわけです。

    改めてキャブレターのセッティングをしよう!を参考にしつつ作業をしました。排気の臭いやプラグの焼け色からどうも濃過ぎる傾向があるので、ちょっとずつ調整をして、結局


    メインジェット: #80
    スロージェット: #38
    エアスクリュ開度: 2.5回転戻し
    ジェットニードルクリップ: 3段目

    と、スロージェットとジェットニードルクリップの位置を初期設定に戻し、メインジェットの番数をちょっと上げ、空気量をちょっと増やしたところで落ち着きました。これはつまり、新しいエアフィルタが乾式になったにも関わらず吸気量が前のより減ったということかな。まあメーカー自体が違うから比較するべきではないかもしれないけどちょっと意外でした。
    Posted at 05:33 Comments : 2

    Love Psychedelico in Concert at Budokan 2005.5.27

    帰宅したら日付が変わっていたので昨日のことになりますが、Love Psychedelicoのコンサート「Love Psychedelico in Concert at Budokan 2005.5.27」に行ってきました。コンサートとかライヴとかに行くのは5年ぶりくらいな気がする。最後に行ったのはまだ上京する前で、Sparks Go Goのか奥田民生氏のな気がする。記憶が定かでない。なんにしてもかなり久々。場所は武道館。九段下のあたりは何度か通ったことはあるけど、武道館に入るのはもちろん、近づくのも初めて。武道館と言えば、昔ヒムロックが「ライヴハウス武道館へようこそ!」と言ったところであり、奥田民生氏がひとり股旅をやったところだな。



    hidden stage17:30開場で18:30開演というやたらと早い時間設定。僕の職場は飯田橋なので隣の駅ですぐなんだけど、さとちゃんはちょっと離れているので、席に着いたのはぎりぎりの18:20頃。でもなかなか始まりそうにない。結局始まったのは19:00でした。そうとわかっていたら焦らずに済んだのに。

    さておき、内容。KUMIの声もNAOKIのギターもかっこいい。しかしいかんせん武道館は広すぎる気がする。これは公演をするアーティストのタイプにもよるんだろうけど、Love Psychedelicoにはこういう広いとこは不向きな気がする。彼らの曲はとてもじゃないけど歌詞をちゃんと把握するというのは難しいので、観客に歌わせようとしてもなんて歌えば良いのか正確なところがわからず、うまくノれないわけです。これがライブハウスサイズだったら客の方もノリでごまかして楽しめるんだけど、どうにもこうにも。しかも僕なんかは2階席だったのでなおのこと。反対側の2階席の1番前の人なんかも見えたんだけど、ずっと座りっぱなしで手拍子なんかもしていなかったなあ。また、ステージの左右には大きなスクリーンがあり、そこにはKUMIだのNAOKIだのが拡大されて映し出されていて、これを見てようやく表情などわかるわけですが、途中の数曲はなんでかこれが一切映らずほとんど何も見えないみたいな状態。確かにあそこで歌ってるし、あそこでギターは弾いてるみたいなんだけど...と。

    とまあ、ネガティブなことばかり書いているわけですが、全体としてはまあまあという印象かな。さっきも書いたけど、KUMIの声もNAOKIのギターもかっこいい。曲もかっこいい。「その二人が一応目で確認できるあそこでやってるんだ」ということが、ネガティブな要素を相殺して「まあまあ」。って、ライブハウスとかで観たらかなり良いんだろうなあ。



    Budokan途中でNAOKIが「今日はすごいことが起きるよ」と言っていたけど、何がすごいことだったのかわからないままに21:40頃に終わってしまいました。まさかきらきらの紙吹雪が飛んだことではなかろうし、スペシャルゲストとしてよく知らない女の人たちが出てきたことでもなかろうし、一体何のことだったんだろう。さっぱりわからん。終わった後で初の武道館を撮影。いかんせん暗くてよく映ってないですが、「館道武」と書かれています。

    Goods座席に置いてあった袋の中。今回のコンサートをDVD化するらしく、それを知らせるパンフレットやポストカードが入っていた。また、売店でストラップ(1500円)を購入してしまいました。Tシャツも買おうかどうしようか迷ったのですが、おそらくもったいなくて着ることができないだろうから買わないことにしました。

    とにかく、今後もチャンスがあれば好きなアーティストのライヴ/コンサートには行くだな。こうして他の人のでもライヴ/コンサートに行きたいなと思うきっかけとしては十分かな。
    Posted at 02:00 Comments : 2