blogSetomits

Hello

entries tagged with “english

Voice of America のテキスト付き Podcast RSS 配信の停止について

このブログの3年半ほど前のエントリーに、更新が止まっているというコメントを頂きました。自分の iTunes の Podcast を見てみると、確かにちょっと前のものが最新となっています。

改めてVOA - Voice of America English News - VOA Newsを見てみると、 HTML のレイアウトががらっと変わりそれぞれの記事の中からは MP3 へのリンクがなくなっています。簡単にできるようであれば対応しようかなとも思ったのですが、なかなか時間が取れないのでもうメンテナンスするのをやめようかと思います。これまでは時々指摘を頂いてはレイアウト変更に追随してきましたが、もう最初に始めてから3年半とか経つと思うとなかなか感慨深いものがあります。

さておき、 VOA の Podcast についてはpodcast - VOA Newsや、 iTunes をお使いの方だとVOANews.com Podcastsから購読できるかと思うので、そちらからよろしくお願いします。
Posted at 23:19 Comments : 1

「ビジネス交渉・実践スキル」のコースを修了

5月末から通っていたNEG101を修了しました。全部で10回の講義で、基本的にはNegotiation (Harvard Business Essentials)の内容に準じて講義を受けつつ、2つのチームに分かれて毎回相手チームの誰かと交渉をします。毎回初回であるという体で交渉をし、最終日には結論を出すという感じでした。交渉の前後でチーム内で情報を交換したり作戦を練ったりするのですが、この作戦会議も交渉も全て英語で行います。ちなみに、交渉の題材としては、こちらは急成長中で工場の増床をしたいプリンターメーカー、相手側は地元にある建築会社で、期間や費用について交渉を行っていました。

受講者は全部で10人前後だったと思うのですが、実際に出席していたのはいつも6人とか7人というところでした。僕は1度だけ仕事で疲れきっていたので欠席しました。このコースに出席するまでは、英語は必要な程度はなんとかなるかなと思っていたのですが、今回のクラスでは僕が一番英語ができないということが明白でちゃんと勉強しなくちゃいかんなと思いました。一方で自分の専門により近いところであったらより突っ込んだ話までできるかなとも。

いずれにしても良い経験だったので、今後も面白そうなコースが有ったら受講してみようと思います。
Posted at 22:04 Comments : 0

なんちゃって大学生に

この土曜日からテンプル大学ジャパンキャンパスでビジネス交渉・実践スキル (NEG101)というコースに通い始めました。このコースは生涯学習教育のコースなので単位の取得はできないのですが、アメリカの大学の講義がどんな感じで行われるのかということを体験してみたかったのと、英語で何かの勉強をする方が英語の勉強としても近道かなと思い、受講してみることにしたのでした。ところでテンプル大学ですが、アメリカ本校についてにありますが、ペンシルベニア州の州立大学で、アメリカ国外のキャンパスは日本以外にはローマにもあるようです。

今回の受講者は10人ほどで、1人を除いて全員日本人でした。みんなかなり喋れるようなのでついていけるか不安ですが、これから10週間頑張ってみようと思います。何はともあれ新しいことを始めるというのはなかなかわくわくです。というわけで、今後9週は土曜日の昼過ぎまでは予定ありとなります。
Posted at 17:39 Comments : 0

Using Google App Engine

reading a book with androidこれまで使う必要性がなかったのでなかなか手を付けなかったのですが、ここにきてついにGoogle App Engineを使うようになりそうなのでUsing Google App Engineを読みました。英語であってもさらさらと読めて、その便利さと強力さがよくわかって、今さらながらトリコになりそうです。それにしてもタダで使い始められる上に Python (あるいは Java )で書くだけでアプリケーションが作れてしまうというのはすごいことです。これまでサーバ管理も自分の仕事の一部だと思っていて、今後も多少は続けると思うのですが、こういう Google App Engine とか Amazon のAWS Elastic Beanstalkなんかを使うことが主流になると、これまでインフラエンジニアをしていた人たちは仕事を失うというところまでいかないにしても、その役割って随分変わるんだろうなと思いました。

ちなみに実は今回はアンドロイドアプリ版のUsing Google App Engine - Android Marketを買って ePub にして Android と Mac の両方で読みました。左の写真がそれなのですが、意外と読みやすかったです。普通に買ったら2500円くらいするけどアンドロイドアプリ版や iPhone アプリ版のオライリー本はたいてい400円程度で買えるのですごくお得です。 ePub うんぬんのことについてはまた別途書きます。
Posted at 22:07 Comments : 2

初めての IELTS 受験

前に申し込んでいた IELTS の試験がこの土日でありました。土曜日は朝8時半会場入りで9時から3時間ほどかけてリスニング/リーディング/ライティングがあり、日曜日は12時に会場入りして15分から20分ほどかけてスピーキングという内容です。いけないことなのですがろくに対策をしないままに受けることになってしまって反省しています。まだ日程などは全く決めていませんが、次回こそはちゃんと準備して受けようと思います。

ところで今回は受験の申し込みをしてお金を払って油断していて、必要書類の送付をしなくてはいけないということに気づかずにいました。必要なのは、A4サイズの封筒2枚/パスポートのコピー/パスポートサイズの写真2枚/銀行で振込をしたという記録という4点です。

いずれの日も、受験会場に持ち込むことができるものはすごく制限されていて、ケータイはおろか財布さえも持ち込み禁止です。試験中は机にパスポートを置いておくのですが、日本人だけでなくインド人/中国人/韓国人/どこの人かわからない人がたくさんいたのは印象的でした。荷物を置いておく部屋があって、そこに全てのものを置いていかなくてはなりません。試験中はその部屋は施錠されるということですが、やはり不安は感じます。とは言え、初日に会場でもめてる人がいて、「個人個人に鍵のかかるロッカーが無いなんて明記されていなかった。何かあったら責任を取ってくれるんだろうな。大体日本人だけだったらともかく、外国人もいるのに盗難とか起こるんじゃないのか。」と騒いでいて、あまりの島国っぷりになかなかうんざりした気分にさせられました。日本人だったら安心とか一体何の話をしてるのやら。そもそもロッカーがあるなんてことはどこにも書かれていなかったし、貴重品は持ってくるなと再三書かれていたのに。
Posted at 23:58 Comments : 0