blogSetomits

Hello

entries tagged with “python

autopep8 を導入

珍しく久しぶりに Python の話。
最近は仕事として The Go Programming Language を使うことが増えているのですが、 go fmt というソースコードのフォーマット機能がすごく便利です。 Emacs で設定して Go のソースコードを保存するときに go fmt をかけるようにしていると、ある程度適当に書いていても保存すると適切にフォーマットされ、スペースのことなどに気を取られなくて済みます。 Python のコードを書くときにはそういうツールは使っていなかったのですが、便利なものは利用したほうが良いと思い直して今回導入しました。

手順は以下の通り。
コマンドラインで autopep8 をインストール。
$ pip install autopep8


Emacs で M-x list-packages で py-autopep8 を選択してインストールし、 Emacs の設定ファイル (~/.emacs/init.el など)に以下を追記。
(add-hook 'python-mode-hook 'py-autopep8-enable-on-save)
Posted at 14:19 Comments : 0

探検! Python Flask

探検! Python Flask探検! Python Flaskを読みました。このところ Web アプリを作るとなるとだいたい Flask を使うことになるので知見を得たいと思って読んでみました。「はじめに」にあるとおり、「初めて Flask を使ってみようという方の助けになるはず」というのには同意します。またそれと同時に、これまでに Flask を使ったことがある人にとっても多少はこれまでにしたことがないことがあったり、あらためて理解し直したりする機会になると思いました。読みやすいのでおすすめです。
Posted at 21:00 Comments : 0

入門 ソーシャルデータ 第2版

入門 ソーシャルデータ 第2版 ―ソーシャルウェブのデータマイニング第1版に続き、入門 ソーシャルデータ 第2版 ―ソーシャルウェブのデータマイニングの監訳に参加させて頂きました。扱っている内容が各ソーシャルメディアのデータであり、それらを Web API 経由でアクセスするという特徴から、時間による変化が非常に大きく、書名だけ見ると第1版から第2版とあまり違いが無いように見えますが、大幅に書き変わっています。実際のところ、最初の訳と原書を頂いた時点でも Google 周りの API は変わっていたし、監訳作業をしている間にも Facebook の API が刷新されたりと、この手の本の翻訳/監訳の難しさを体感しました。
とは言え、大まかなところでは問題無いと思うので、第1版を買った人も改めて買い直しても悪くないんじゃないかと思います。また、大学生や大学院生なんかも、自分の研究をする前にざっと読んでサンプルコードを動かしてみると、その後の役に立つと思います。
Posted at 23:01 Comments : 0

zenhan 再度バグ修正版をリリースしました

zenhan 0.5.2

全角・半角変換用 Python ライブラリの zenhan のバグ修正版の 0.5.2 をリリースしました。今回のバグはfix "U" bug (py3) · d7d1f48 · sspiral/zenhan-pyにてプルリクエストを頂きましたが、 Python 3 ので "u" が抜けているというものでした。 u"" を "" に変えていく作業の中で誤って消しちゃったんだと思います...。こんなアホなミスだけど修正が貰えて、 GitHub に出してて良かったと思う次第です。
Posted at 00:47 Comments : 0

ブログシステムを刷新しました

現在このブログを運営しているソフトウェアは自分が作っているものです。

最初のものは「Apache + mod_python だけで使える」ということをテーマにしていて、 blogmop という名前をつけていました。

その後、 mod_python はメンテナンスされないということになったので2011年頃に「Apache + mod_wsgi だけで使える」ということをテーマに作り直しました。その後、多少のメンテナンスはしていたもののあまり手を入れずにいましたが、ここにきて「Python 3 で動くように」ということをテーマに再度作り直しました。とは言え、これまでの「だけで」というテーマは抜きにして、ある程度あれこれ便利なライブラリを使うようにしています。

まだちゃんとできていない部分もあるので、今後も継続的に手を入れていこうと思います。なお、ソースコードはsetomits/mowに。
Posted at 21:54 Comments : 0